宝石・時計・ブライダルジュエリー・メガネ・補聴器

株式会社イシガミ
  • 宝石・時計・ブライダルジュエリー
  • メガネ・補聴器
  • その他のお問い合わせ

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせ
  • 店舗一覧

キズにも強い撥水コート

「キズにも強い撥水コート」

>>メガネのイシガミメガネ店舗はこちら

メガネのイシガミのブログをお読みいただきありがとうございます。

スーパーメモリー418N-3-51
 
今回はキズにも強い撥水コートについてご紹介いたしますね。

メガネをきちんと拭いたのに、何となくまだ見にくいと感じたことはありませんか?

それは、知らないうちに付いてしまった、レンズ表面の細かいキズが原因かもしれません。

落としたわけでもどこかにぶつけたわけではなくても、常にさらされている繊細なレンズの表面は、外気の塵ホコリなどでどうしてもキズが付いてしまうのです。

そんな時、撥水コートが施されたレンズですと、汚れも綺麗に拭き取ることができます。
細かい砂ぼこりなども、表面の撥水コートによって、レンズに付着しにくいため、キズが付くことを防いでくれるでしょう。

今回ご紹介のメガネは、『スーパーメモリー418N-3-51』。

>>スーパーメモリー418N-3-51

新超弾性記憶合金(アルミ銅合金)はご存知でしょうか。
この金属は、これまでの形状記憶合金とは違い、新超弾性記憶合金を使用することで、
驚きの復元力とかけ心地を実現しています。
まるでゴムのようなしなやかさで、掛けやすく、スポーツなどの激しい運動にも型崩れしません。

ぜひ一度お手にとって、抜群のかけ心地を体感してください。
メガネをお探しの方は、ぜひ一度メガネのイシガミへご相談ください!

>>スーパーメモリー418N-3-51

強い近視の方へ②「目が小さくなる」

近視が強い方からご相談いただくことが多い「メガネを掛けると目が小さくなる(小さく見える)」という問題。

今回はレンズではなくメガネフレーム選びを考えていきます。

錯視

上の●は同じ大きさなのですが、右側のほうが●の小ささが目立ちます。
錯視、俗に言う目の錯覚ではありますが、与える印象が変わります。
メガネでも同じで、レンズの大きいメガネフレームだと近視メガネで目が小さく見える状態が際立ってしまいます。
なのでお顔立ちやお顔幅など他の要素を加味しながら、お一人おひとりにあったメガネ選びをすることが非常に大切です。

メガネでお悩みのお客様。
お近くの店舗で様々なメガネを掛け比べしていただけます。是非ご来店、ご相談下さいませ。 店舗一覧

強い近視の方へ①「牛乳瓶の底」

近視の強い方のメガネレンズは牛乳瓶の底のようになることがあります。
そこでおすすめしたいのが高屈折レンズです。
屈折率が高いレンズの特徴は薄くなること。薄くなるとどのような違いがあるかを写真でご覧下さい。

レンズ厚み1

写真には2枚のレンズがありますが、左が屈折率1.60、右が屈折率1.76です。(度数等、条件は同じ)
厚さの違いは一目瞭然ですね。
これをメガネフレームに入れると次のようになります。

レンズ厚み2 レンズ厚み3

こちらも左が屈折率1.60、右が屈折率1.76です。
左の写真は端が瓶の底のようになっているのがご覧いただけるかと思います。右の写真ではなっていませんね。
レンズが薄くなることで上記のような効果も得られるので、近視が強く厚さにお悩みの方には高屈折レンズが特におすすめです。(※)

※ 実際の度数やメガネフレーム等、条件によって異なります。是非店舗にてご相談下さい。

 

屈折率1.76レンズ取扱メーカー東海光学(株)のホームページはこちら

logo

熱に強いガラスレンズ

「熱に強いガラスレンズ」

>>メガネのイシガミメガネ店舗はこちら

メガネのイシガミのブログをお読みいただきありがとうございます。

セシルマクビ―7023-3-52
 
今回は熱に強いガラスレンズについてご紹介いたしますね。

一般的に広くおしゃれとしても活用できるメガネは、プラスチックレンズが使用されていることがほとんどです。

プラスチックレンズはとても軽く、レンズのカラーバリエーションも楽しむことができます。

しかし、プラスチックレンズは熱に弱いため、高温の場所に長く置いておくと、レンズのコーティングが剥がれてしまったり、ヒビが入ってしまう可能性があるのです。

もし車の運転時にのみメガネをかけ、普段は車内にメガネを置いたままにすることが多い方や、職業柄、高温になる場所で働く方は、ガラスレンズのメガネを使用するといいでしょう。

今回ご紹介のメガネは、『セシルマクビ―』。
>>セシルマクビ―

可愛くクールな「セシルマクビ―7023-3-52」。セシルマクビ―は若者から大人まで、女性に人気の有名ブランド。
このメガネフレームは、セシルマクビ―シリーズの中でも落ち着いた色合いで、クールな女性を演出できそうですね。
大人気のフレーム、一度あなたも試してみませんか?
メガネをお探しの方は、ぜひ一度メガネのイシガミへご相談ください!

>>セシルマクビ―

老眼の仕組み

まず老眼とは眼がピントを合わせる力(調節力)が低下し、近くの物が見づらくなった状態のことです。
眼に入る光を角膜、水晶体で屈折させて網膜にピントが合うことでハッキリと物が見えるのですが、加齢などとともに水晶体が硬くなり、光の屈折を調節しにくくなります。
その為に網膜にピントが合わなくなり、見づらくなった状態が老眼です。

「近視の人は老眼にならないんじゃないの?」とご質問をいただくことがございますが、そんなことはございません。
近視でも水晶体は硬くなり調節力は低下します。ただもともと角膜や水晶体の光を屈折させる力が強いので、メガネやコンタクトを着けていない裸眼であればよく見えることが多いのです。
言い換えれば老眼にならないのではなく、老眼症状を自覚しにくいだけなのです。

メガネのイシガミ各店では老眼をはじめ、眼のご相談をいつでも承っております。
お気軽にご相談ください。
老眼が気になる方にオススメの多焦点レンズはこちら

若い人にも急増している「スマホ老眼」はこちら

合わないメガネは頭痛の原因に!

「合わないメガネは頭痛の原因に!」

>>メガネのイシガミメガネ店舗はこちら

メガネのイシガミのブログをお読みいただきありがとうございます。
ポールスミス
今回は合わないメガネは頭痛の原因に!についてご紹介いたしますね。

メガネは主に、鼻と耳で重さを負担して支えているのですが、中には外した時に、耳の上やこめかみにくっきりと跡がついているケースがあります。

原因としては、メガネを開いたときの横幅と顔の横幅のサイズが合っていない、またはメガネ自体が重いという場合が考えられます。

自分に合っていないメガネをかけていると、圧迫感を感じ、悪化すると頭痛を起こしてしまいます。

快適なメガネライフを送るためには、長くかけても負担にならない重さのものを選び、きちんと自分に合ったサイズにフィッティングと調整をしてもらうことが大切ですね。

 

>>ポールスミス

ポールスミスは「ひねりのあるクラシック」を表現するブランドです。
鮮やかな色使いのストライプで有名ですね。
アパレルや雑貨が幅広く人気があり、メガネフレームにもそれらのテイストを引き継ぎ、
人気ブランドの地位を確立しています。

メガネをお探しの方は、ぜひ一度メガネのイシガミへご相談ください!

>>ポールスミス

フレーム選びでメガネの視野が大きく変わる

「フレーム選びでメガネの視野が大きく変わる」

>>メガネのイシガミメガネ店舗はこちら

メガネのイシガミのブログをお読みいただきありがとうございます。

レイバン
今回はフレーム選びでメガネの視野が大きく変わるについてご紹介いたしますね。

メガネをかけていて、フレームが視界に入るのが気になる場合がありますよね。
そんな方には視野の広くなるメガネがおすすめです。

まず、レンズの縦幅、左右幅が広いもの、そして目とレンズとの距離である頂間距離が短いメガネを選ばれるといいでしょう。

フレームの素材によって、鼻パッドが無いものや、調整で少しでも頂間距離を短くできる場合もあります。

あとは、いっそ縁のないデザインのメガネにするのも手ではないでしょうか。

細かいデザインとしては、レンズがフェイスラインに沿って内側にゆったりとカーブを描いているものがいいでしょう。

このように、視野をレンズで覆う面積が大きくなりますと、自ずと視野も広く感じやすくなります。

 
今回ご紹介のメガネは、『レイバン』。
>>レイバン
映画「トップガン」のトムクルーズ、「西部警察」の渡哲也、

古くは、厚木基地に降り立ったマッカーサーが着用していました。

ファッション性が高く、長く使えるデザインが特徴です。

メガネをお探しの方は、ぜひ一度メガネのイシガミへご相談ください!
レイバン

オーダーメイドメガネレンズ

メガネレンズというとこれまでは”選ぶ”ものでしたが、最近は”作る”ものへと変化してきております。

今回はその中でHOYA BOOM individualをご紹介致します。
顔幅や左右の眼の高さ、耳の高さ、鼻の高さなどあらゆる条件を考慮したレンズを”作る”ことができます。

他にも重要な4つの設計が御座います。

①両眼バランス設計
individual1

②度数別スマート設計
individual2

③パーソナルフィット設計
individual3
④リアルスタイル設計
individual4

※②、④は一部レンズのみ対応
これらの設計をレンズに反映し、あなただけの「Only Oneレンズ」が完成します。
オーダーメイドレンズで快適な視界を体験してみて下さい。

HOYAレンズ公式サイト

製品詳細はこちら
HOYA BOOM individual

やってはいけないメガネの応急処置

「やってはいけないメガネの応急処置」

>>メガネのイシガミメガネ店舗はこちら

メガネのイシガミのブログをお読みいただきありがとうございます。

コーチ

今回はやってはいけないメガネの応急処置についてご紹介いたしますね。

メガネのフレームが欠けてしまったり、つるが折れてしまった時、なんとか自力で使えるようにしたいと応急処置をされる方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、メガネにはやってはいけない応急処置方法があります。
それは、接着剤や瞬間接着剤で固定するというものです。

実は接着剤は金属のフレームに対しては効果がなく、またたとえプラスチックのフレームでも破損個所によっては固定しきれずに、接着剤だけが取れずに残ってしまいます。

接着剤がついて固まったメガネは修理が非常に難しくなるため、結果的に破損した時の状況より悪くなっていると言えるでしょう。

また万が一、接着剤がレンズに付着してしまった場合、コーティングが損傷する恐れもあるのです。

メガネが壊れた場合は安易に応急処置をせず、メガネ屋さんに相談されることをおすすめします。

 
今回ご紹介のメガネは、『コーチ』です。

>>コーチ

誰もが知っている、世界中で人気のスーパーブランド『コーチ』。
アイウェアは、モダンなデザインと大きすぎないサイズ感が特徴です。
もちろん上品なコーチ柄はアイウェアにも引き継がれています。

メガネをお探しの方は、ぜひ一度メガネのイシガミへご相談ください!

>>コーチ

眼にやさしいメガネレンズ

パソコン・スマホ・テレビ・照明など様々な物にLEDが多用されている今、ブルーライト(青色光)をカットする機能レンズが人気です。その一方で紫外線(UV)と混同されることも少なくありません。それぞれ異なる影響を眼に及ぼします。メガネレンズは違いを正しく理解し選ぶ必要があります。用途によってレンズを使い分けることもおすすめです。

 

紫外線:角膜炎、白内障などの眼病を誘発

ブルーライト:ドライアイ、眼精疲労、加齢黄斑変性等への影響が懸念(現在も研究中)

 

HOYA「Ray Guard 435」は紫外線をほぼ100%カットし、ブルーライトも軽減する眼にやさしいメガネレンズです。

RayGguard435カット写真

 

あなたも「メガネレンズにやさしさをプラス」してみませんか?

 

RayGuard435ブルーライトとは

RayGuard435カラーバリエーション

RayGuard435分光透過率曲線比較

 

 

HOYAレンズ公式サイトはこちら